矯正歯科

立川の矯正歯科の豊富な種類で自分に合った矯正方法を

歯科矯正にふみきる反対咬合と過蓋咬合

歯の治療

歯科矯正を始めようと思う時期は人それぞれですが、だいたいが歯医者さんに行き指摘された方が歯科矯正を念頭にいれて考え出す場合が多いです。特に子供の時に下顎が上顎より出ている反対咬合と診断される人は絶対に歯科矯正をしないと治らないので、踏み切る人がいます。反対咬合はメジャーな歯科矯正の部類に入るので、どこの歯科矯正の病院でも綺麗に治せます。
しかし、歯科矯正をする人の中には、反対咬合以外にもあまり知られていない過蓋咬合という診断をされる人もいます。過蓋咬合とは、噛み合わせが人より深いため食いしばると、下の前歯が前歯が生えている裏側の上顎に当たり、ひどい人だと上顎から出血してしまう人もいます。過蓋咬合の場合は、寝る時だけマウスピースをしたり、成長につれて顎が大きくなるにつれてだんだん上顎に当たらなくなり、乳歯が大人の歯に変わるにつれて、気にならなくなる場合もあります。
反対咬合と違い、過蓋咬合はなかなか聞かない名前で、自分が過蓋咬合という事を知らない人もいます。しかし過蓋咬合は、上顎の痛みが出たり顎が奥に引っ込んだ見た目になってしまうため、自分的にはかなり負担があり歯科矯正に踏み切る人が多いです。

● おすすめの記事 ●

TOP